業務用ピザ窯の進化形

業務用ピザ窯の新しい形

環境に優しい燃料のペレットが人気急上昇

皆さん、「ペレット」という木材を加工して固めた小さな円柱状のチップをご存知ですか?バイオマス燃料のひとつとされ、環境に優しい燃料といわれています。材料となる木がすでに、それを燃やしたときに排出する二酸化炭素の量に匹敵する二酸化炭素を吸収しているので、環境に負荷をかけないというからくりです。


ペレットを燃料にしたピザ窯が台頭!

このペレットを燃料にしたペレットストーブが静かなブームを呼んでいましたが、ここ数年で、ペレットを燃料にしたピザ窯が、それにも増して注目を集めています。埼玉県日高市にあるウェックという会社が作るピザ窯「ベイクック」がそのひとつです。これまで、ピザ窯というとドーム型で、中で薪を焚いたり、ガスを燃やしたりして、炉を熱して、その蓄熱で焼くというのが定番でしたが、ペレットピザ窯は、燃料が薪やガスではなく、ペレットをもらすことで、薪窯のような本格的な焼成と、職人要らずの簡単な操作性の両方を実現しました。


薪窯のような焼き上がりで、人気急上昇中!

ペレットは自然の木でできているので、薪窯のような焼き上がりになり、ペレットピザ窯で焼いたピザは、「本物のピザ」として、お客様にかなり好評だといいます。提供する側にとっても、ペレットを燃料ボックスに入れて点火するだけで、温度設定もボタンひとつで簡単にできるので、熟練のピザ職人がいなくても本格的なピザが焼けるという大きなメリットがあります。


本格的なナポリピッツザもしっかりと焼ける!

 炉内の温度は540度Cまで上がり、本格的なナポリピッツァやミラノスタイルのピザも簡単に焼けます。ピザ1枚を焼くのに要する時間は90秒で、連続して焼くことも可能です。温度調整機能もあり、従来の薪窯のような、熟練の技は必要ありません。同オーブンは、2段になっていて、下の段が高温になり、ピザの焼成用です。上の段は、250度C前後で調整でき、パンやお菓子などが焼けるようになっています。その上にさらに保温庫があって、皿を温めておいたりするのに使えます。炉の部分は石でできていますが、通常の石窯と比べると画期的に軽く、キャスターも付いていて、簡単に移動できるのも大きなメリットです。

「無料ピザ焼き体験セミナー」を週に1回程度行っています

 ウェックでは、熟練の職人がいなくても薪窯のようにピザが焼けて、しかも環境にも優しいこのペレットピザ窯を、ピッツェリアを開業予定の人やすでに飲食店を経営していて新たにピザ窯の導入を検討している人たちなどに向け、「無料ピザ焼き体験セミナー」を週に1回程度行っています。場所は、ウェックが経営するピザ店、埼玉県鶴ヶ島市のウッドベイカーズ鶴ヶ島店です。


デモと実習でペレットピザ窯のすごさを実感

今年のとある金曜日に行われた「無料ピザ焼き体験セミナー」では、ウェックのスタッフがピザ生地を窯に投入するところから丁寧にひとつひとつの手順を踏みながら、「まわりの盛り上がった部分のコルニチョーネが焦げてきたら焼き上がりの目安です」などと説明しながら実演しました。この無料体験セミナーでは、代表的なナポリピッツァのひとつである「マルゲリータ」と、小さな子供達に人気が高い「ソーセージと野菜のピザ」の焼成実演を行ったあと、参加者の皆様が、ウェックのスタッフの指導を受けながら、自分達で「マルゲリータ」と「ソーセージと野菜のピザ」を焼成しました。

「無料ピザ焼き体験セミナー」のお申し込み・問い合わせはこちらから

「無料ピザ焼き体験セミナー」は、週に1回程度のペースで常時行われていますので、こちらのメールフォームで、お気軽にお問い合わせください。

 

[無料ピザ焼き体験セミナーのお問い合わせ()]


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール ご挨拶 RSS 問い合わせ